読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よそ行きの日記

日記です。オチなし。意味なし。待てど海路の日和なし。

昇進しました

早いもので、今の会社に移ってもうすぐ5年。石の上にも3年というやつでしょうか。このたびブチョーになりました。まあ、とはいえ部員4人しかいないので。普通の立派な会社でいうところの課長以下である点、お含み置きください。

ただ、思えば若い頃に思い描いていた将来の自分というのは、どっちかと言うとむしろ仙人という言葉でしばしば言い表されるようないわゆる孤高の奇人だったのであって、何なら地方へ出張したタイミングなどで発狂して山へ消え、そのまま虎にでもなろうかと考えていたわけであり、まさかショーケンガイシャでブチョーになるなど夢にも思わなかったわけであります。

生来の生真面目さが災いしたのか、少しづつあるべき軌道を外れていき、気づけば随分遠いところまで来たものだと感慨ひとしおです。

当ブログは、開設以来、人に言うほどでもないつまらないことを、敢えて広く世の中に向けて発信していこうというパラドキシカルなコンセプトのもとで運用されており、いわば私の幼児性が端的に発露してておったのですが、さすがにブチョーってそれでいいのという気はしてきているわけです。

やはりあの、先日携帯電話片手に駅で「お世話になっておりますぅ」を連呼しながら小刻みにお辞儀を繰り返すロボットのような生き物を見たときに思ったのですが、人格が統合されているや否やというのは、ある種人間の出来不出来を決めかねない重大な要素であるなと感じている昨今です。

あ、こいつ上辺だけだなと。裏では何言ってるかわからんなと。ツイッターで愚痴られたら堪らんなと。

いまやそのような印象こそが、人の信頼をもっとも毀損するわけであって、逆に言えば、何となく普段からこんな人なんだろうなと他人から何かしら想像されるような人が、言わば信頼にたる人物ということなんじゃあないか。そんな風に思っています。

従って私はたぶん、ネットでさらけ出している幼児性の部分と、眉間にシワを寄せたサラリーマン風部分を、少し統合していかないといけないような気がしています。

ただそれは決して、幼稚な部分を封印するというような意味ではなく、それをむしろ、うまく表に出していく。対外的インターフェースの要点だけを残して内面的な幼児性やら何やらをチラ見せしていく。要するに、公も私もないんだと。その辺を全部統合して、ひとつの建造物として社会に据え置くんだと。よく分かりまんが、そんな感じです。

まあ、人によってはそれを滅私と称し、社畜乙と表現するのでしょうが、とはいえオトナになるってのはそういうことかななんて思ったりしているわけです。日和ったというか。

ということで、結局、何が言いたいのかさっぱりわからないわけですが、なかなか忙しくてブログも日記も更新できないものの、一応やる気はあるという話です。ブログも何とか年内更新したいです。

今後ともよろしくお願いします。

週末振り返り

全然3杯で止わらないわけである。酒が。進んじゃって。どうにも。

金曜日。一件目でビール2杯、紹興酒2杯飲んだことと、三件目で焼酎を1杯飲んだことは覚えてる。二軒目が立食で、ワインを何杯飲んだか定かでない。おそらく5,6杯か。

土曜日も、結婚式だったのだけど披露宴でワインなど5杯くらい、二次会までの待ち時間で2杯、二次会で5杯くらい飲んでからの、三次会でビールピッチャーである。

この全然3杯じゃなさ。

ただ、これでもなるべくおさえようという意識は多少働いていて、その証拠にどのくらい飲んだかをちゃんと記憶できている。

最後は完全に記憶をなくし、気づいたら家というのがいつものパターンだが、この週末2日は、どうやって帰ってきたかも覚えている。一日目は青山一丁目、二日目は六本木から、延々歩いて帰ってきた。行動パターンが完全に酔っ払いのそれだが。まあ覚えてるだけマシ。

二日酔いもなるにはなるけど、午前中だけで何とかおさまるレベル。昨晩はなんか急な腹痛と吐き気で死ぬかと思ったが。次の日丸々棒に振るということはなかった。今日は免許の更新にも行けたし。若干酒臭かったが。特に問題にはならなかった。全然マシ。

ということで、さすがに3杯というのはあれだけど、まあ一桁くらいというのが結構自分にとっては現実的な目標なのかもしれない。と思った。

年末はどうしても忘年会などが立て込む危険地帯だが、一桁死守を合言葉に何とか乗り切っていきたい。

飲み過ぎない人生を

またやってしまった。

そう。飲み過ぎである。懲りない男だ、私も。

現職に係るかなりやんごとなき事情による、ちょっとのっぴきならない感じの飲み会で、ついうっかりハシゴ酒敢行。3軒。2時まで。

当然今日は二日酔いで、何もできず。加えて今回は腹痛もあって、朝から何度もトイレに駆け込む破目になって大変だった。しかも、何故か出てくる便が結構しっかりした固形物なので、肛門の負担がかなり高い。3回目くらいで、腹の痛さをケツの痛さが上回り、我慢した方が便益が高い状態になった。まあ、便だけにという話です。

11月は、この間土日で旅行に行った時もしこたま飲んだし、その前の木曜日もうっかり行きつけの寿司屋で一人泥酔するという事件があった。

で、昨日はそんな感じで、今週はなんとさらに、金曜日に前職関係のちょっと大きな集まりがあり、土曜日には結婚式が入っている。しかも金曜日の会場と土曜日の二次会の会場が同じ。偶然。

それはいいのだけど、さすがの私もだいぶウンザリしてきたわけである。酒に。

こう毎度毎度、散財した挙句に一切の記憶をなくし、二日酔いで丸一日棒に振ってたら、さすがに人生を浪費し過ぎではないか。肝臓にも良くない。

従って、これから私は意識して飲酒料を減らす減酒期間に入る。好きなだけ飲んできた人生で、まったく初の試みとなる。酒は一日3杯まで。これ。とりあえず、年内やってみようと思う。

どうしたの今日酒が進んでないね、なんて言われるだろうが。

まあ年末だし、最近飲み会が立て込んでてということで違和感なかろう。ついでに風邪も引いとくか。

法則 土日で旅行に行くと疲れる

土日を活用して、1泊2日で温泉旅行に行ってきた。

両親と弟夫婦、自分の家族などと。

3連休があったのだからそこでいけばいいのにと思うのだが、3連休は高いとか何だとか言われて、土日で行くことになってしまった。

土曜日は、息子の学芸会だったので、それが終わってから。もう夕方である。着いて、飯食って、寝て、起きて、飯食って、帰ってきた、という感じ。運転、往復5時間。

疲れる。

それに、ジムに行けないうえに食べすぎるから、太る。ブログも書けないし、掃除もできない。靴も磨けないし、クリーニングにも行けない。サッカーにも行けない。微妙に熟睡できない。もうなんか、なんにも捗らない。大変。

帰り道、家族が全員爆睡してるなかひとり寂しく運転していると、それまで曇っていた空が急に明るくなって晴れ間が覗く場面があり、妙に心に染みた。

服を買うのが難し過ぎる

あんまり痩せた痩せたと言うと、実物が大して痩せておらず精々普通~隠れ肥満程度の体型であることがバレたときに恥ずかしいのだが、まあ何というか、実際問題として以前よりは余分な脂肪が落ちて体が細くなったというわけであり、それが故に持っている洋服のサイズが全然合わなくなってしまって大変だという話なのである。

どちらかというとサイズが小さくなった方の話なので、決して着れないというわけではない。楽に着れる。むしろ。ただやっぱり、折角痩せたのに、ダボダボの服を着て格好の悪い思いをするのも何となくシャクなので、この間全部思い切って捨ててしまったのだ。だから、本当にないのだ。着るものが。

このままでは冬を越せないということで、この間の週末くらいから少しずつショッピングに繰り出している。何年振りだろうか、ネット以外で買い物をするのは、という感じだが。

デパートやら路面店などをうろうろしてみるのだが、これがなかなか難しい。

そもそも最近になってようやく気が付いたのだが、自分はどうも身幅の割に肩幅が広いか腕が長いかするようで、既製服の大半は袖丈が足りない。ツンツルテンというやつ。ジャストは、シャツのサイズで言うと、39の90だ。スーツカンパニーにもスーツセレクトにもタケオキクチにも置いてなかった。不便である。

今までどうしてたのという話だが、まあとりあえず一番大きいサイズを買って細かいところには目を瞑ってたというのが正直なところで、今般、ちょっとスリム化したことをいいことにちゃんとサイズの合った服を着てみようと思い立ったという話ではある。急に色気づいたと言われればそういうことかもしれない。この歳にして。やっぱり人間は見てくれだけだと。そのように考え直したわけである。

まあそれはいいのだけど、とりあえずコートが一着あれば冬は越せるだろうという方向付けで、まずはそこから重点的に探す。ところが、矢張りどうも身幅の合うものは袖が短くて手首が露出してしまうし、それならと1サイズあげると今度は胴回りが野暮ったくなってしまう。というか、1サイズあげたら太ってた時と同じサイズなので。意味ないじゃんという話。

店を数件まわったところで、世の中に数多あるコートを一着ずつ試してまわるという行為に嫌気がさした私は、世の中の情報を一括管理する大google先生の力を借りることを決心。一旦家に引き上げてネットサーフィンに精を出すが、これもイマイチ捗らない。

メーカーごとに採寸の基準が違うということもあるし、そもそも1cm,2cmというかなり微妙な違いの話なので、生地素材や縫製で、大分様子が変わるということもあるのだろう。店回りで試着した服を気合で探し出し数字でサイズを把握しなおすものの、必ずしも数字の大小は着てみた印象と一致しない。あの比較的ちょうどよかった服は袖丈61とあるのに、別の短かかったやつが袖丈63表記などということが間々ある。同じ店で、だ。要するに、まったく要領を得ない。

藁をもつかむ思いでyahoo知恵遅れにも当たる。アバクロなどの海外ブランドは袖丈が長いよ、とある。なるほど、と。いうことでアバクロを調査。しかし何なんだろうあれは。画像検索その他の結果を鑑みるに、どうも裸のマッチョメンが薄暗い店内でクラブミュージックにあわせて踊っている店のようだ。わけがわからない。アパレルじゃないのか。そんなところには到底行けそうもない。

結局、丸一日くらい探し回って何の成果もあげることができなかった。スーツは買えたが。セミオーダーなので結構高いし、肝心の越冬防寒採暖に関してはなしのつぶてである。

正直、困っている。

洋服を買うということがこんなに難しいことだということに、33年生きてきて初めて気が付いた。どなたかコツを知ってらっしゃるようでしたら是非教えてください。

サカつくプレー日記

FC東京の監督に就任して6年目、ついにインテルから長友(32)を獲得。

移籍金15億と4年契約の年俸3億円でしめて27億円。ちょうど徳永が引退だったので、右SBに入ってもらう。左から、太田、チャン、森重、長友と並ぶ。素晴らしい。

その甲斐もあってか、国内ではリーグ戦初優勝、ナビスコ3連覇に加え天皇杯2連覇の3冠という無双状態を達成。ACLもさらっと優勝。クラブワールドカップは決勝でレアルのクリロナにFKを叩き込まれて、惜しくも0-1と敗れ2位となったが、まあなかなか満足の行く成績である。

渡邉千真は32歳になっても絶好調で、4回くらいハットトリックを達成していた。また、森重、米本は順当に成長し、世界と対等に戦える選手に。この辺り、実に感慨深いわけである。相変わらず東が決定機を外しまくるのには笑ってしまうが。セガの人はなかなかパラメータ設定の勘所を心得ていると言える。

ちなみに他の選手は、千真と共にツートップを形成するニコラスというアルゼンチン人フォワードと、中盤に宇佐美、米本、柴崎岳、東が並ぶ。柴崎は、最近アーリアからスタメンを奪った。38歳の石川直宏も、たまに東のポジションで先発している。DFラインは上述の通りで、GKは権田。だからどうしたという話だが。

スタジアムにシネコンと動物園を併設し、専用の駅とバスターミナルを作ったあたりから収入が激増し、年間100億円近くの収入ができた。かかる資金によってファン待望の専用スタジアムを建設。しかしながらまだ中型であり、まだ上に2ランクくらいあるので、このへんのテコ入れが次の課題。

オトコのコダワリ、ナザールです。

季節はすっかり秋に変わって、当日記の更新頻度も目に見えて減少してきている昨今ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。私はいま、風邪を引いています。

さて。ということで、鼻づまりである。

わたくし、あまり執着というものがない性分なので、行きつけの店というものや、こだわりの商品というものにはほとんど縁のない生活を送っているが、ひとつだけこれというものを挙げるとしたら、私はナザールスプレーを推したいと常々思っている。

そう。私は慢性鼻炎なのである。

ナザールスプレー。鼻にノズルを差し込んでシュッと薬品を噴射すると、たちどころに鼻づまりが解消するという魅惑の商品である。どうやら、鼻腔奥深くの粘膜の腫れを引かせるということのようだ。それによって、鼻づまりは解消し、鼻水の流動性と気道が確保される。類似の商品は他にもあるのだろう。ただ、ナザールスプレーの効果が劇的すぎて不満の欠片もないので、他の商品は試したこともない。

私はこれを、自宅と会社に常備している。鞄にもひとつ忍ばせている。マストアイテムである。いわゆる。

たかが鼻づまりと思う向きもあるかもしれない。しかし鼻づまりを侮ってはいけない。風邪は万病のもととはよく言ったもので、鼻づまりを放置すると、私の場合、ほぼ確実に蓄膿症を誘発する。副鼻腔という鼻の穴の奥の側道みたいな場所に膿がたまる病気。蓄膿症。

とにかくまっ黄色でネバネバのスライムみたいな鼻水が出るのが特徴で、頭痛も酷いことになる。軽度なら抗生物質を投与することで膿を除去することが出来るようだが、根本的には鼻を切開して膿を吸い出すための手術を要するという地味な大病なのである。

私の場合、風邪を引いた場合を始め、ホコリを吸った場合などもすぐに鼻がトラブり、放置すると十中八九蓄膿に発展する。日常生活は危険に満ちている。この点、ナザールスプレーで鼻腔の腫れを解消しておけば、副鼻腔に菌が流入することを阻止することが出来る。悪しき循環を断ち切ることができる。これは大きい。

別にだからどうしたということではないんだが。今日はそのナザールが切れていたので、渋谷のマツモトキヨシまで出向いた。

レジで、「鼻づまりの薬はありますか」と尋ねる。

「いつもお使いのものはありますか」と店員。

「ナザールです」。私。

なんか、こだわりのあるオトナみたいでかっこいいわけである。

以上。